役立つ大判DMの作成のポイント

宣伝ツールとして役立つ大判DMの作成には、オンデマンドを活用するネットプリントサービスがお得です。圧着ハガキという形を取ることで、コンパクトなサイズながらも多くの情報を伝えることができます。さらにフルカラーとすることでインパクトのある宣伝活動を行うことが可能となります。けれども発送するターゲットは場合によれば、かなり限定されることもあります。つまり作成する部数が少なく、印刷コストも割高となります。その点、オンデマンドであれば少ない枚数でも、フルカラーであっても安い料金で頼むことができます。さらにオンデマンドであれば、宛名も同時に印刷することが可能です。後で宛先を貼るような手間がかかることもなく、余計なコストもかける必要がなくなるので便利です。

ネットプリントサービスを利用するメリットとは

ネットプリントでは様々なサービスを提供することで、付加価値をつけています。大判DMの作成でも、その目的を理解した上で焼くに立つサービスを提供します。例えば配送代行を行うことで、発送コストも削減できます。さらにその開封率を測定するサービスも提供しています。これは受け取った人からの問い合わせをカウントできるような工夫をすることで、どのようなターゲットやどんなデザインならばどれほどの反響があるのかを調べることができるものです。その結果、以降に作成する際の役に立てることができます。どのようなターゲットを対象とすれば良いのか、どんなデザインが反響を得られるのかを調べることができるのです。このような活用の仕方によって、宣伝効果を高めることが可能となります。

ダイレクトメールの活用方法について

多くの情報を届けることができる大判DMですが、その活用方法も知っておく必要があります。まず新規顧客を開拓するためには、商品やサービスに合うターゲットを想定して送付することが必要です。さらに何度も送ることによって、ブランディング効果を得ることができます。これは、会社や商品について知ってもらうことを意味します。通常ダイレクトメールというのは、中を開封されずに捨てられることが多いものです。けれども、何度も送付することで商品などを記憶してもらうことができます。何かの拍子に興味を持つきっかけになりますし、それまで興味を持っていなかった人にも購入してもらうことが可能となります。このように何度も送付することから、コストの安いネットプリントを活用することが役立つというわけです。