役立つ大判DMに関するポイント

宣伝ツールとして役立つ大判DMは、多くの企業で活用されています。ハガキサイズで送付できることから送料コストがかからないことが利点となります。そして圧着ハガキとなるために、開けば大量の情報を伝えることが可能です。このようなダイレクトメールは新規顧客の開拓はもちろんのこと、既存の顧客をリピーターとして確保するためにも役立ちます。そのポイントは何度も定期的に送付することですが、新規開拓ではブランディングの効果が期待できます。既存客に関しては定期的に送付することで、お店の利用を忘れないようにする目的があります。そしてこのように何度も送付することによるコストをいかに削減するかが課題となってきます。そこで便利に活用できるのが、ネットプリントによるサービスです。

ネットプリントサービスの利用による利点とは

ネットプリントによる大判DMの作成は、料金が安いというメリットがあります。しかも宛名を後で貼り付ける作業も不要となる、オンデマンド印刷を利用できます。これは従来のオフセット印刷とは異なり、1枚ごとに印刷する内容を変えることも可能です。つまり、送る相手に応じて提供する商品やサービスの内容を変えられることになります。そのために特別感を演出することができるので、開封率を高めることが可能です。さらに少部数だけ注文する場合にも、オフセットのように単価が割高になることがありません。送付する対象を限定して費用対効果を高めるためには役に立ちます。さらにネットプリントならばサイトから簡単に注文することができます。全国どこからでも頼むことができますし、宅配で納品してもらえます。

ネットプリントにおける注文の方法

ネットプリントを利用して大判DMを注文する方法は極めて簡単です。サイトから使用する用紙の種類を選んで枚数を指定します。色数や納期も選びますが、納期は長く設定するほど料金は安くなります。逆にすぐにでも手配したい時には、少し高い料金になりますが即日発送などにも対応しています。そしてデザインを選ぶことができるサイトが多くあります。これはテンプレートとして用意しているものから選ぶことで、簡単にデザインを作成できるものです。必要な文字データを入稿すれば、すぐにレイアウト編集をして印刷してくれます。ただし従来の製版会社のように、何度も試し刷りを行うようなことはありません。色調のチェックができるかどうかは、サービスによって異なるので確認しておくことが大事です。