便利な大判DMのポイントについて

宣伝ツールとして多くの企業が利用している大判DMには、いくつかの利点があります。まず折りたたむとハガキサイズとなるので、郵送料が安くなりコストがかかりません。そして圧着タイプであれば、開くことで大容量の誌面が現れるようになります。ここに多くの情報を詰め込むことができるわけです。つまり少ないコストで多くの情報を届けることができるので、受け取る側もそのダイレクトメールだけでほとんどの内容を把握できます。さらに印刷は格安のネットショップを利用できるので、さらにコスト削減をすることが可能です。ダイレクトメールは何度も配布することが必要なので、費用対効果を高めることにつながります。そのためにこのようなツールの作成を行う業者も増えているので、お得なサービスを探すことができます。

格安のネットショップを利用するメリット

格安のネットプリントサービスを利用すれば、大判のDMも大量に発送することができます。宣伝ツールとして活用するためには、まず何度も配送してブランディングを行う必要があります。これは多くの場合、中を見ずに捨てられるものであっても、次第にその存在を意識するようになることです。ショップや扱う商品について、自然と頭に入るようになるので購買などにつながります。そして大切なことは、無暗やたらと広範囲に配布しないということです。ターゲットをしっかりと限定することによって、効率良く宣伝活動を行えます。その結果、反響率を高めることになるわけです。つまり一回の印刷部数は少なくなるので、印刷コストの安いオンデマンド印刷機を使ったネットプリントがお得ということになります。

オンデマンド印刷を利用するメリットとは

オンデマンド印刷を利用すれば、大判のDMもコストを抑えて作成することができます。これは通常のオフセット印刷とは異なる、刷版作業が必要ないことが理由です。刷版作業は注文枚数に関わらず、同じ料金が発生します。つまり注文枚数が多いほどに単価が下がるというわけです。けれどもダイレクトメールの場合には、それほど大量に必要とするわけではありません。そこでオンデマンドを利用して、安く済ませることが必要というわけです。またオンデマンドは納期が短いので、必要な時にすぐ手配することができます。品質に関してはオフセットほど高精細ではありませんが、宣伝ツールとしてはそれほど高い品質は必要ではありません。それよりも宣伝効果の高いデザインにすることが大事です。ネットプリントサービスはデザインのテンプレートも用意しているので便利です。