役に立つ大判DMの活用方法とは

宣伝広告に役立つ大判DMは新規顧客の開拓やリピーター確保に活用できます。印刷コストを抑えるためには、ネットプリントが便利に利用できますが、そのサービスも上手く活用することが大事です。例えば配送サービスを利用すれば、反響率を調べることもできます。これは何枚のダイレクトメールを送付して何枚が問い合わせなどにつながったのかを算出できるものです。この反響率を調べることで、配布すべきターゲットを明確にしたりデザインを考えることができます。デザインは開封率を高めるために重要な要素です。通常はダイレクトメールは中を見ずに捨てられるのが一般的です。そこでいかに開封してもらうかを工夫するために、様々なデザインで配送した上で反応を調べることになります。その中から有効なものをチェックするわけです。

ターゲットをどのように定めれば良いのか

商品の購買やサービスの利用につなげる大判DMは、コンパクトなサイズのハガキで送付できる上に、広げると多くの情報を掲載できる誌面にすることができる便利なものです。その送付先となるターゲットをどのように決めるのかも重要なポイントです。例えば新規顧客の開拓のためには、アンケートに答えた人などのリストを元に送付することになります。その中で年齢や性別、趣味などの嗜好も分かればセグメントの設定ができます。それぞれに分けて送付した上で、どのターゲット層が最も大きな反響を得られたかを調べることで、有効なターゲットを定めることが可能となります。あるいはリピーターを確保するためには、一度でも購入したりサービスを利用した人に向けて定期的に送付することになります。

効率の良いダイレクトメールの作成方法とは

定期的に送付することで効果を高める大判DMは、作成する量も多くなります。しかも反響を見ながらデザインも変えるとなれば、こまめに何度も印刷するわけです。通常のオフセット印刷では、このように少部数で何度も注文すると、コストが膨らみます。そこでオンデマンドを利用するネットプリントを利用すれば、オフセットよりも少ないコストで作成できます。さらに送付先に応じてコンテンツの内容を変えて印刷できるので、効率良く必要な情報を届けることが可能です。宛先も一部ずつ印刷できるので、オフセット印刷のように宛名を貼る手間やコストも不要となります。ネットから注文できるので、いつでも必要が生じた時にする依頼できるのも利点と言えます。印刷に関する知識もほとんど必要ないので、誰でも簡単に注文できるのもメリットです。