大判DMは工夫によって開封率を高めることができます

開封率を高める大判DMの工夫について

開封率が低い大判DMをいかに開封してもらうかは、工夫次第で効果が期待できます。まず多くのダイレクトメールは不特定多数に向けて送付するものなので、受け取った側とすれば重要度を感じないものです。そこで個人に向けた大切な封書であることをアピールすることで、受け取ったその場で中を確認する確率が高まることになります。さらにオンデマンド印刷を利用すれば、さらに個人宛の特色を出すことができます。オフセットでは全てを同じ内容でしか印刷できませんが、ネットプリントのオンデマンドであれば一部ごとに異なる内容で印刷することが可能です。中身においても個人宛に向けた文面にすることができますし、相手にとって興味を持たれるような商品やサービスを記載することもできます。

開封率をさらに高めるための工夫について

さらに開封率を高めるために大判DMと他のメディアとの組合せも、開封率を高めます。例えばメールアドレスがわかれば、日を置いて開封を促す情報を提供するわけです。期限が定められた特典が記載されていることなどを知らせることで、改めて開封してもらう可能性が生れます。これまでは何度もダイレクトメールを送付したものですが、コストがかからないメール1本で効果を高めることができるわけです。メールアドレスが分からなければチラシを配布するなど、工夫すべきことは色々とあります。圧着ハガキによるダイレクトメールであれば、多くの情報を記載できるので、細かな提案をすることができます。さらにその場で購入の申し込みをしてもらうことも十分に可能です。またデザインにおいても効果的なものを利用することが可能です。

ネットプリントによるデザインテンプレートの活用

ネットプリントを利用すれば、大判DMを効果的に作成することができます。多くの業者ではサイトでの注文の際に、デザインをテンプレート化して提供しています。しかもこれは反響率を高めるものであるケースが多いものです。というのも、配送手配まで代行して行うことで、反響率を測定できるからです。それを元にして効果のあったデザインを調べ、テンプレートにするわけです。どのような配列にするのか、文字のフォントの種類や大きさも細かく設定することで、反響率の高いデザインを提供できることになります。このようなサービスを利用することで、自前でデザインを考える必要がなくなります。その手間やコストを抑えることもできますし、開封率を高めるという効果も期待できるというわけです。

圧着ハガキの印刷・発送ならDMパックへおまかせ! DMパックでは、郵便料金が最大で44%オフになります! メールでのお問合せは24時間受付中です。 DMでお困りのご担当者様に朗報!DMパックなら印刷、印字、郵便料金までまるごとおまかせいただけます。 Pマークも安心!創業37年福岡のアド印刷が提供するダイレクトメール印刷・印字・発送代行サービス。 大判DMもまるごとお任せ